透明感のある肌になりたい!|美白な方法まとめ

健康で、綺麗、美白な女性になるのが全ての女性の夢です。美白ケアを徹底的にすることでもともと地黒の人でもガッツリ日焼けしてしまった人でも、美白になれる可能性は十分にあります。本ブログは化粧品や、日常生活で美白な方法や、また紫外線の予防方法や、美白に効果ある食事などの情報を紹介します。
未分類

肌が黒いのはどうして?その原因まとめ!

色黒さんは、似合うメイクが限られてしまったりキツい印象を与えてしまったりとなにかと悩みが多いもの。できるなら色白を目指したいですよね。肌が黒い原因によって、改善方法は異なります。肌が黒い原因をまとめました。これで、透き通るようなモテ肌に一歩近づくことができるはずです!

肌を白くする理由を考える前に、まずは肌が黒くなる原因を知っておきましょう。

◆日焼けをする

肌が黒くなる原因の1つ目は日焼けをすることです。紫外線を浴びると、肌の奥にの基底層にあるメラノサイトが活性化して、メラニンを作り出します。

このメラニン色素は紫外線から皮膚を守る働きがあるのですが、色素が濃いため、メラニン色素がたくさん作られると、肌が黒くなるのです。

ただ、肌のターンオーバーで、メラニン色素が皮膚の上方に押し上げられ、角質となって剥がれ落ちますので、肌は時間が経つと元の色に戻ります。

それでも、日焼けを続けて、常にメラニンが作られている状態だと、肌が黒い状態が続きますし、一部が色素沈着を起こして、シミとして皮膚の奥深くに残ってしまうのです。

◆ターンオーバーが乱れる

ターンオーバーが乱れることでも、肌が黒くなります。ターンオーバーが乱れることで、日焼けのメラニン色素が皮膚の中に残りやすくなります。

肌は28日周期で生まれ変わります。この周期が乱れて、ターンオーバーの周期が長くなると、肌の細胞がなかなか生まれ変わりません。

そうすると、皮膚の表面の古い角質層がずっと残ったままになります。古い角質層はくすんでいますので、肌が暗くなるため、色黒に見えてしまうのです。

◆毛穴が詰まっている

毛穴に皮脂や汚れが詰まっていると、顔色が暗く見えてしまいます。毛穴の黒ずみは鼻などの一部だと思いがちですが、顔全体に発生している場合もあります。

ぶつぶつとした黒ずみが見えていたり、毛穴が開いている状態は要注意。毛穴汚れによって顔が黒くみえている可能性があります。毛穴詰まりはニキビなどを引き起こす可能性もあるので、早急に対策を行う必要があります。

◆顔色が悪い

顔の血色が悪いことでも、顔色が悪くなります。顔の血行が悪いと、顔が青黒く見えてしまうことがあるんです。

血の巡りが悪い、貧血気味、血圧が低いなどの人は、顔の肌細胞への血流が悪くなって、血色が悪くなりますから、顔色が青黒く、暗く見えてしまうのです。

◆ストレスが多い

ストレスが多いと体内に活性酸素が増え、その活性酸素により肌が酸化されて黒くなります。

体内で活性酸素が過剰に発生すると処理できなくなり細胞の酸化が進むことになりますがこれが活性酸素焼けです。この原因は心や体の強いストレス(もちろん病気も)ですが、その他薬物を使い過ぎても活性酸素焼けします。ストレスで発生した活性酸素がなんらかの作用で色素細胞を刺激したら黒くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です