美白の方法は?

地黒になる原因は?

肌の色黒や地黒には、さまざまな原因があります。よく知られたのは日焼けです。日焼けして色黒になって、肌がくすみ、色素沈着してしまいます。また、遺伝の原因で肌が黒いです。

日焼けし過ぎて肌が黒くなった人は多いです。紫外線の影響で色黒になっているということがみんなよく知っています。たっぷり紫外線を浴びて、色が色素沈着を起こし、肌が黒くくすんでしまっています。今は紫外線を浴びないように気を付けていたとしても、かわらず黒くなります。それは家の中にいても、窓ガラスから陽射しが差し込んで紫外線を浴びています。普段の生活の中でも、みなさんが思っている以上に紫外線の影響を受けているのです。

腕や脚より顔の色が暗く見える方は、くすみの原因かもしれません。肌のくすみから肌色が暗く見えています。乾燥肌ではくすみも倍増します。角質層に潤いが足りていない関係で、光の反射が十分でなくなってしまい、その分暗く見えてしまうということです。

遺伝で肌が黒い人が少なくないです。家族に色黒の人が多いほど、自分が地黒になりやすいです。仕方がないですが、色白の人に比べて紫外線を浴びた時の肌ダメージが蓄積しにくいのです。遺伝で肌が黒い人でも、透明感のある肌になれます。

陶器のような白い肌になりたい!
生来のお肌の色黒や地黒を美白肌にする方法はあります。しかし、美白の効果を最大限に引き出さなければ美白になることは出来ません。ではどうすればいいのでしょうか。

・洗顔と保湿をしましょう
美白を成功させるために欠かせないのが、肌の水分です。そして、洗顔と保湿が大切です。老廃物が肌に残っていると、肌の明るさが減退し、顔が暗く見えます。きちんとした洗顔を行うことが大事になります。保湿をして肌の状態を正常にすることで、紫外線の吸収を抑え、乾燥によって色素沈着を防いでくれます。

・日焼け止めのクリームを使いましょう
紫外線は地黒になる原因として、紫外線から肌を守るために、日焼け止めのクリームを使いましょう。日焼け止めは肌が見えているところはすべて塗って、季節を問わず使って、また、SPFはあくまでも目安のため、気になる部分は2~3時間おきに塗り直します。屋内でも使ったほうがいいです。洗濯物を干す時、ごみを出す時など、日焼け止めを塗っていない状態で紫外線を浴びる時間は蓄積していくことを忘れないようにしましょう。

・日々の習慣だってもちろん大切。
夜更かし、睡眠不足、タバコ、精神的なストレスなどはお肌の大敵です。肌荒れしない生活リズムにするよう心がけましょう。血行を良くし、ビタミンCを摂ること。 洗顔を見直し、汚れをしっかり落とし清潔な毛穴にすること。

・トマトをよく食べましょう
トマトに含まれる抗酸化作用によって、肌が若々しく保たれて美白効果をもたらします。特に日焼けが気になるこれからの季節に効果を発揮します。リコピン16mgを含む55gのトマトペーストを12週間とり続けたところ、紫外線におよる紅斑を抑え、さらに肌のコラーゲン分解酵素が減少した」という、人を対象に行った研究結果があります。トマトをよく食べたほうがいいと思います。

オススメ:美白医薬品購入|シワ改善|スキンケア

ユークロマプラスクリームは、美白やシミ除去に効果が高いハイドロキノンとトレチノインを配合したクリームです。

レチノA0.025%クリームは、有効成分トレチノインを0.025%含む美容クリーム・ニキビ・シミ治療薬です。

メラライトフォートクリームは、ニコラスピラマル社が製造する美白クリームです。主成分はハイドロキノンというものです。このハイドロキノンはしみやソバカスの予防や改善の他、傷や火傷跡などの色素沈着を改善する効果も期待できます。